細木数子さんの六星占術2017年版の六星占術の基礎編です。

ここでは、細木数子さんの六星占術2017年度版において、六星占術が「心のあり方」を学ぶ人間学のはじまりである、ということを紹介しています。

 

 

スポンサードリンク


 

私たち人間の生きる根本である「衣」「食」「住」は、幸せな人生を送るための土台です。

そして、「衣食住」をきちんと整えるには、「心」を豊かにする必要があります。

「心」を豊かにする入口が、運命のリズムということを教えてくれる「六星占術」なのです。

六星占術を学ぶことでその道筋に入ることができれば、自らの生き方に目をやり、家族一人ひとりの生活に気を配り、そして、隣近所や職場・学校などで時間をともにする人たちとの接し方も、おのずと変わってきます。

それがあなたの運命=「衣」「食」「住」を大きく左右するのは間違いありません。

まず、「衣」「食」「住」について詳しく見ていきましょう!

「衣」「食」「住」と礼儀作法【細木数子六星占術2017】

1番目の「衣」は、寒さや暑さから体を保護するためのものですが、それだけではありません。

冠婚葬祭用の服、仕事着、おしゃれ着、くつろぐための服など、どんな服を、どんなときに着るかによって、心のありようを示すことができます。

2番目が「食」。

「食とは薬餌」という言葉がありますが、人間は食べることによって体を養い、さらにそれと一体不ニの関係にある心を養います。

それには、きちんとしたものを食べなくてはいけません。

多くの添加物が含まれていたり、産地が偽装されていたりで、安全な食べ物を探し出すのが大変な時代になっています。

そうした危険を避けるためにも、「食」の基本を学ばなくてはいけません。

3番目は「住」。

人生の3分の2は家の中で過ごします。

「住」というと、方位学を気にする人が少なくないようです。

確かに、方位学も知らないより知っているほうがいいのですが、それだけに頼ることはできません。

それより大事なのは、多くの時間を過ごす住まいの中を日ごろから掃き清め、整理整頓しておくことです。

家の中が雑然としていては、子どもたちも夫も、早く帰ろうとは思わないでしょう。

「衣」「食」「住」の3つに礼儀作法をもって接することによって、「心」を養う、「心」を豊かにするといってもいいですよね。

 

スポンサードリンク


 

「六星占術」は「心のあり方」を学ぶ人間学のはじまり【細木数子六星占術2017】

細木数子先生が「心」についておっしゃっていることです。

 

 毎日、さまざまな事件が
テレビや新聞を賑わせていますが、
日本人の「心」がすさんできているのでしょうか、
人を人とも思わない非道な事件が
相次いで起こっています。

 

 将来に希望の持てない閉塞感が、
知らず知らずのうちに人々の心を
蝕んでいるのかもしれませんが、
本当の原因は社会や環境に
あるのではありません。

 

 それは、人間としての徳を見失い、
人間の「心」のよりどころとなるものを
失ってしまったからです。
そのために、人間の「心」そのものが弱まり、
正邪の判断がつかなくなっているのです。

 

 科学が絶対である、科学的根拠がないから
信用できないなどという言葉を平気で口にする
学者が社会で重んじられてきたために、
人間の持つ「心」、そして生命力の存在が
軽んじられてきたのではないでしょうか。

 

 しかし、「心」を軽んじるあまり、
「心」そのものが弱くなってしまえば、
自分らしい生き方を求めることなど
できませんし、人間が人間らしく
生きていくこともできないと、
私は思います。

 

 科学の著しい発展によって、
人間にとっては本当に便利な
世の中になりました。
それはそれで、とてもありがたいことなのですが、
科学が絶対である、となぜ言い切ることが
できるのでしょうか。

 

 たとえば、1という数字を3で
割ってみてください。
0.333・・・・・と、どこまでいっても
割り切ることはできません。
しかし、私たち人間の手を使えば、
ひとつのものを3つに分けることができます。
このことは、科学の持つ限界を象徴しています。
それより、いまも昔も変わらず、
人間として一番大切なことを教えてくれる、
「天地自然の法則」に従うべきでは
ないでしょうか。

 

 この天地自然の法則とは、
人間が一切手をかけていない自然界、
宇宙の仕組みのことをいいます。
この自然界、宇宙の仕組みから、
私たちは、ありとあらゆる恵みを受けながら、
人間として生かされているのです。

 

 生かされているということは、
生きていくことにもつながります。
そして、生きていくうえにおいては、
時間との関わりが生じてきます。
そうです、私たち人間が生きるということは、
時間を生きていることになるのです。

 

 その時間を大切にするために、
人間にのみ授かった「心」を磨くことが
一番重要なのです。
この「心」を磨くことで、人格を高め、
位の高い人生を歩むことができるのです。
それには、なんといっても
学問をすることが必要です。
学問といいましても、こんにちのように
学校で学ぶことだけではありません。
人間は死ぬその瞬間まで、
ありとあらゆる教えを学ぶことの大切さを
知ることが重要なのです。

 

細木数子先生は、昨今の、「心」を失った人々があまりにも多いことを危惧されています。

「心」を軽んじるあまり、

「心」そのものが弱くなってしまえば、

自分らしい生き方を求めることも、

人間が人間らしく生きていくこともできない

とも細木数子先生はおっしゃっています。

 

私たちも六星占術を通じて、再度「心」について見つめ直すべきだと思います。

それと同時に、「心」を正常に保ち、豊かにしていく努力も大切ですね。

 

続き・・・「時間とともに生きる人間の運命を読む六星占術」はコチラ!

 

私のような女性がYouTubeで、サラリーマン以上に稼ぐ方法をこっそり教えます!

 

年齢・性別・学歴一切関係なし。

 

誰でも実践可能です!

 

本業以上に稼いでる人も多数いらっしゃいます。

 

↓↓ 私の昨年の実際の報酬画面です ↓↓

*全部のデータを公開するのは禁止されてますので、一部隠してます。

 

 

コピペでだけで声出し・顔出し・撮影も必要なし。

 

有名YouTuberよりも稼ぐ「NewYuber」を多数輩出!

 

ただいま「第三世代のYouTubeの稼ぎ方」を無料で限定公開中!